若さを保つために、脳の老化を防ぐ運動を!

脳の老化を防ぐ運動とは、歩くことです。脚からの司令を脳が受ける ということは血流が頭までめぐり、体を活性化させます。

しかも、早くさっさと、歩くのではなく、運動というよりは、
ゆっくり余裕をもって歩く散歩や、ウォーキングでしょう。

遠くの景色を見たり、今まで気づかなかった花をみつけたり、 ゆったりゆっくりと観察しましょう。

視覚から入った景色を見て脳は情報を得て休みなく動きます。
ウォーキングは、体全体を使います。自宅の周りからでもよいので、 ウォーキングをしてどんどん新しい発見をしましょう。

気づいたり、思ったり感じた事を、メモや、絵にするのは、 とてもよい刺激でしょう。素敵な詩や、俳句のネタになるかもしれません。 楽しみながらウォーキングをしてみましょう。

又、手を動かす事もとてもよい頭の体操です。パソコンや、 ピアノを習ってみるのも良いかもしれませんが、グーパーしたり、> 指を一本ずつ曲げたりするだけで、とても脳の刺激になります。 やってみましょう!

ゲームセンターに行ったことのある、中高年の方はいらっしゃるでしょうか?

最近のゲームセンターは、若者のたまり場ではなくなり、 お年寄りの娯楽施設になりつつあります。海外ニュースで 日本の不思議と報道されていましたが、リタイヤされたご夫婦連れで、 ゲームを楽しんでいらっしゃる方が増えているのです。

ゲームセンター大手も、リタイヤされた方々向けのサービス、 ポイントカードなど発行して、サービスを充実させているみたいです。 ゲームも、脳を活性化する娯楽でしょう。若者だけに譲ってはもったいないです。 どんどん、外に出ていくのが大切ですね。

無理せず、楽しい事にチャレンジして大いに笑いましょう。 笑うこと、楽しい事、わくわくすること全て、脳によい刺激です。 何もしないと、脳も刺激がなく働きません。しかし、夜は脳も眠りますから、 ゆっくり休みましょう。この時間は、体も、心も、頭も睡眠しているのです。

ページの先頭へ