シワのための上手な化粧品の使い方

最近はシワのための化粧品が随分と多くなってきました。中には優れた化粧品もあって、多くの人に愛用されているものも少なくありません。

でも、使い方1つで化粧品の効果の出方が違います。上手に使えば期待以上の効果が得られます。皆さんは上手な化粧品の使い方をしているでしょうか?

上手な化粧品の使い方とは、色々あるのですが、まずは、清潔な肌につけるということが大事です。汚れた肌につけると、余計に汚れがひどくなるだけ。

どんなに素晴らしい化粧品をつけても良い効果は得られません。洗顔してしばらくそのままにしておく人がいますが、洗顔をしたらなるべくすぐに化粧品をつけるようにしましょう。

それと、化粧品の有効成分が肌によく馴染むように、化粧品はひと肌に温めましょう。化粧品を肌につける前に、手の平で少し温める程度で大丈夫です。

よく化粧水や乳液を冷蔵庫に入れて冷たくしておく人がいますが、これはヒンヤリしていてつけた時に気持ちが良いですが、効果は半減。手の平で温めることを忘れずに行ってください。

肌を温めると毛穴が開きますが、化粧品はこの時に一番浸透します。ですから、お風呂などで肌を温めた後に化粧品を使うと、どんどん肌が吸収して有効成分が十分に効果を発揮します。

最近はシャワーでお風呂を済ませる人が多いですが、シャワーではそれほど肌は温まりません。できたらお風呂にお湯を溜めてゆっくりと浸かるようにした方が肌もきれいになります。

さらに、しわとりの化粧品の効果を高くするには、肌が温まったところに、パックをすること。パックがなかったら、化粧水を染み込ませたコットンでも構いません。

温まった肌にパックをすると、化粧品の有効成分が期待以上に働いてくれ、肌は見違えるほど元気になります。

定期的に続けることで、シワも目立たなくなってきます。ちょっとした手間が化粧品の効果を高めます。是非試してみてください。

ページの先頭へ